【DTM用PC】WindowsよりMacをオススメするたった1つの理由

こんにちは、DTひらさんです。

DTMにはWindowsかMacどっちが向いてるの?という疑問は生きている中で、誰しも1回は考えたことがあると思います。意見は様々であり、実際両方にメリット、デメリットがあります。

しかしDTひらさんは本格的にDTMをする人にはMacをオススメします。なぜならDTMをしていく中で、最優先すべきメリットがMacにはあるからです。今回はその最も重要であるたった1つの理由を書いていきます。

【最大の理由】音楽制作に専念できる

これがDTM用PCに一番求められるべき点だと考えます。DTMを快適にするためのPCを探しているのだから当然ですね。ではなぜWindowsよりもMacの方がDTMに専念できるのかを説明します。

とにかく動作が安定している

DTひらさんが思うMacの最大のメリットです。もしもDAWなどの音楽制作ソフトが頻繁に落ちることがあれば、音楽制作に全く専念できませんよね。ソフトの問題でクリエイターの貴重な時間を奪われてしまう可能性は避けるべきです。

ひらさんが約2年間MacでDAWなど音楽制作ソフトや、オーディオインターフェイスを使っていて不具合になったことは一度もありません。Macはとにかく安定していて、トラブルが少ないのです。安定する理由は、Mac自体がApple社からのみ販売されており、ソフトウェアメーカーがMacに対して動作検証がしやすいためです。

一方でWindowsは様々なメーカーから販売されています。ソフトウェアメーカーやオーディオ機器メーカーは、全てのWindowsのPCメーカーに対して動作の検証をすることは容易ではありません。そのため、動作が未検証のメーカーもあります。その結果、特定のメーカーによる動作の不具合が発生することがあり、どうしても各メーカーとの相性の問題がつきまとってしまいます。

しゃぼんさん
Windowsはオーディオインターフェイスなどのオーディオ機器における不具合もよく報告されるぼん。

トラブルの原因が特定しやすい

もしもDTMが頻繁に落ちるなどのトラブルが起きた時に、原因が特定しやすいのもMacの利点です。MacはApple社が採用したパーツを扱っており、ハードウェアの構成がほとんど同じです。そのため、インターネットなどでトラブルの原因を探す時に、全てのMacユーザーの意見が参考になり、トラブルを早く解決できます。一方Windowsでは、様々なメーカーのパーツがあるため、原因の特定に時間がかかってしまいます。

以上がMacの方がDTMに専念できる理由です。とにかく快適にDTMをしたいならMacを選ぶ方が良いと思います。クリエイターにとって制作時間の確保は命ですからね。

その他のWindowsとMacの違い

その他にもいくつかWindowsとMacとの違いはありますので挙げていきます。(上記よりも重要な点ではないですが)

  • 使えるDAWの種類が違う(WindowsにもMacにも優秀なDAWはある)
  • 値段が違う(Macのが値段が高い!)
  • MacはUSB端子数が少ない→USB分岐ケーブルを買いましょう。

正直大きな違いはこのくらいしかないと思います。Windowsの方が使えるフリーソフトが多いと言われていますが、最近ではMacとWindows両方で扱える形式が主流なので、そのようなことはないと思います。

また、どうしてもMacの方が値段は高くなってしまいます。同じスペックを揃えようとすると、Windowsよりも約1.5〜2倍はします。適切なメーカーを選べばWindowsでも比較的安定して動かせることも考えられます。なので最終的にはお財布とも相談して検討しましょう。

こちらの記事もぜひ読んでみてください。

【初心者必見】MacユーザーにオススメのDAW2選
こんにちは、DTひらさんです。 MacユーザーにはDTMをする人がたくさんいます。 中にはDTMを始めるために Macを買った人...

【ぼくのバンド紹介】shabones(しゃぼんず)
敏感でもろいロックバンドです。

是非聴いてください〜(^^)

しゃぼんさん
今更もう何したってどうしようもない。切なすぎる曲だぼん。PVがかっこいいぼん!
 

しゃぼんさん
生き続ける人はどんな人でも、生きる才能だけはあるんだというネガティヴポジティブな曲だぼん。
 

DTひらさんって誰??

こちらをみてください!
DTひらさんについて
名前:ひらさん(生後24年) 性別:男 出身:岐阜県現在地:首都圏 略歴:バンドマン(ギターボーカル) 好きなバンド:syrup16...

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね