DTM用パソコンを選ぶときの重要スペック3選

DTMを始める際にまず必要なものはパソコンです。しかし、DTM用のパソコンはある程度以上のスペック(性能)が求められます。

素人DTひらさんは当初、ウェブサイト閲覧用の安いノートPCでDTMを始めました。しかし、画面が頻繁にブルースクリーンになってしまい、痛い目を見てしまいました。

そこで今回は快適にDTMを行うための、最重要なパソコンのスペックを3つ取り上げます。

1. CPU

CPUはパソコンの処理速度を決める部分です。CPUの性能が低いと、DTMでは音が途切れたり演奏が停止することもあります。

おすすめスペック

DTMに最適なスペックはCore i5かi7の高クロック周波数モデルです。具体的に、オススメのスペック例を3つ以下にまとめました。

CPUモデル コア数 クロック周波数
Core i5 2(デュアルコア) 2.7GHz以上
Core i7 2(デュアルコア) 2.5GHz以上
Core i7 4(クアッドコア) 2.2GHz以上

Core i○ってなに?

CPUのモデルの名前。Core i7、i5、i3などがあり、i○の値が大きいほど性能が高くなります。DTMを快適に行うためにはCore i5以上を推奨します。

しかしCPUのスペックを考える際には、クロック周波数とコア数の値も気にする必要があります。なぜなら、CPUの性能は主にクロック周波数とコア数で決まるからです。両方とも数値が高いほど高性能になります。

・クロック周波数:1コア(人間でいう脳みそ)の演算スピード。

・コア数:CPUに含まれるコアの数であり、並列処理性能の高さを表す。

2. メモリ

メモリの役割

一時的に記憶しておける容量のことで、「作業中の机の上に書類をどのくらい置けるか」という話によく例えられます。メモリはCPUの働きをサポートする役割を持っています。メモリが小さいとパソコンが作業をする場所が少なくなり、DAWが落ちたり、ブルースクリーンになることもあります。

おすすめの容量

メモリは8GB以上をオススメします。通常の使い方であれば8GBで十分だと思います。余裕があれば極端に重いプラグインを複数使う場合を考えて、12GB以上を選んでもいいと思います。

3. ストレージ(HDD, SSD)

HDDとSSDについて

ストレージは、データを記憶する場所です。HDDとSSDの違いを簡単に説明すると、SSDの方が高速にデータにアクセスができますが、HDDよりも高価です。

選び方

SSDとHDDを1台ずつ搭載することをオススメします(CドライブにSSD、DドライブにHDD。またはSSDメインで、外付けHDDを使うなど)。仮にSSDのみで使用した場合、ガッツリと音源やプラグインファイルなどを保存すると、容量不足になることが多いためです。そのため、頻繁にアクセスをすることの多いOSをSSDに保存し、音源ライブラリやプロジェクトファイルなどを容量の大きいHDDに保存するといいでしょう。SSDは250GB以上、HDDは500GB~1TB以上のものがオススメです。

ちなみに現在のDTひらさんは、MacBook Pro (CPU: Core i7, 4コア, 2.2GHz; メモリ: 16GB; SSD 250GB; 外付けHDD 1TB)を用いており、快適なDTMライフをおくっています。

【ぼくのバンド紹介】shabones(しゃぼんず)
敏感でもろいロックバンドです。

是非聴いてください〜(^^)

しゃぼんさん
今更もう何したってどうしようもない。切なすぎる曲だぼん。PVがかっこいいぼん!
 

しゃぼんさん
生き続ける人はどんな人でも、生きる才能だけはあるんだというネガティヴポジティブな曲だぼん。
 

DTひらさんって誰??

こちらをみてください!
DTひらさんについて
名前:ひらさん(生後24年) 性別:男 出身:岐阜県現在地:首都圏 略歴:バンドマン(ギターボーカル) 好きなバンド:syrup16...

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね