【レイテンシー対策】最適なバッファーサイズの決め方とは?

こんにちは、DTひらさんです。

バッファーサイズの値によってレイテンシーは大きく変わります。

バッファーサイズを初期の値のまま変えていない人もいるかと思います。

今回はそんなバッファーサイズによるレイテンシーの変化を見て、録音時の適切なバッファーサイズの決め方を紹介します。

バッファーサイズによるレイテンシーの変化

DTひらさんの環境におけるバッファーサイズとレイテンシーの値は、以下のようになりました。

左側のBufferSizeが設定したバッファーサイズの値になります。また、右側の入力と出力のレイテンシーの合計が、実際にモニターした時に感じる遅延時間になります。

バッファーサイズを最小値の32に設定した時、合計した往復のレイテンシーが約6ms(0.006秒)でした。さすがにこのレイテンシーは、レコーディングにおいて遅延と気づかないレベルの値です。

一方でバッファーサイズを最大値の2048にすると往復のレイテンシーが約100ms(0.1秒)でした。32の時のレイテンシーと比べてかなり大きくなりました。この遅延はさすがにモニターの音ズレが気になって録音もままならないでしょう。

また、バッファーサイズが256の時に約16ms、128の時に10msになりました。

バッファーサイズの最適な値とは?

基本的に往復のレイテンシーの値が約10~15msなら違和感なくレコーディングができるでしょう。

なぜなら普段から私たちは、多少遅れた音を気にせずに演奏しているからです。例えばライブハウスなどで5m離れたスピーカーから届く音は、約15msほど遅れています。

私の環境では、バッファーサイズ128~256で十分ということですね。

バッファーサイズを小さくするほど、レイテンシーも抑えられますが、PCにかかる負荷も大きくなってしまいます。PCのスペックによっては、音飛びやノイズが発生する場合もあり、そのような現象が起きない範囲で設定する必要があります。

そのためバッファーサイズは、それぞれの環境にあった設定値にしましょう。

また、レイテンシーを小さくする方法は、バッファーサイズの調整以外にもあります。

その他のレイテンシー対策方法や、バッファーサイズの詳しい説明は以下の記事にまとめました。DTMとレイテンシーは切っても切り離せない関係なので必見です!

【DTM】レイテンシーの原因とその対策方法とは?
こんにちは、DTひらさんです。 レイテンシーとは音の遅延のことで、オーディオの録音や再生をする際に発生します。 レイテンシーが大...
しゃぼんさん
おつかれさまだぼん。
【ぼくのバンド紹介】shabones(シャボーンズ)
敏感でもろいロックバンドです。

是非聴いてください〜(^^)

しゃぼんさん
生き続ける人はどんな人でも、生きる才能だけはあるんだというネガティヴポジティブな曲だぼん。
 

しゃぼんさん
あいつは汚い、この街は汚い、本当は自分が一番汚いのに。自分の中に静かにぶちまけるような、激しいロックナンバーだぼん。
 

DTひらさんって誰??

こちらをみてください!
DTひらさんについて
名前:ひらさん(生後24年) 性別:男 出身:岐阜県現在地:首都圏 略歴:バンドマン(ギターボーカル) 好きなバンド:syrup16...

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてね